中国で有害図書となったと言われる本。

0

    某月某日

     

    香港で、中国による国家安全維持法の導入により、

    香港の人たちの自由が奪われるという心配について。

     

    いろいろなネットの情報では、検閲が厳しくなり、

    禁書処分になった本も多数出てきたとか。

     

    中国国内でも、学校で有害図書指定の動きが強まっているんだそうな。

     

    いまどき思想統制して、いったい何になるんだ?

    と思うけれど、独裁というのはそういうことを平気でするんですね。

     

    https://jp.reuters.com/article/china-books-idJPKCN24D02D

     

    このサイトでみた有害図書指定リストに、

    ジョージ・オーウェルが2冊入っていたので、

    なるほどなあ、中国はこういうふうに庶民が世界を見だすことを

    恐れているんだなと納得しました。

     

    下は名著「1984年」

     

     

    徹底的に監視社会を実現し、過去の歴史を修正し、

    異論を持つものを徹底的に排除しようとする社会を

    想像した小説。人間の生きる意味はあるのか。

    私は、オールド・スピークスの世界で生きたいな。

     

    下も名著「動物農場」。

    全体主義や独裁政治というものが、いかにして生まれるか、

    生々しいほどの寓話になっていて、わかりやすい。

    自分はどんな動物として生きているか、

    そんなことを考えながら読むといいですね。

     

     

    下は、本とトートバッグ。

    去年、早川書房の企画で売り出されていたんですね。

    ビッグ・ブラザーとは監視社会の象徴。

    おまえをみているぞ!

     

     

    同じくトートバッグ。

    これを持っていると、中国や香港で捕まるのかな。

     

    絵柄は、目ですね。

    ウォッチング・ユー、ということですね。

     

     

    中国や香港では、こういう形で

    禁書や焚書が行われるのかもしれません。

    それは自由が奪われているという点で

    今の日本よりは不幸かもしれません。

     

    しかし、禁止されたら、きっと陰で読もうとする人は

    かえって増えるかもしれない。

    というか、命がけで本を読むでしょう。

    そもそも本というものは、

    読書というものはそれくらい大きなことだったと思います。

     

    それに比べて、日本。

     

    「1984年」も「動物農場」も

    比較的簡単に手に入れることはできる。

     

    ところが、国民にそれを読む力がない。

    読もうという意欲がない。

     

    というのであれば、かなり問題ですね。

    危機的。

     

    民主主義や自由を感じることができない人間の退化。

     

    中国や香港に比べ、

    そういう意味で日本は怖い。

     


    議事録作るが、公表は10年後。

    0

      新型コロナ専門者会議がいきなり廃止になり、

      新型コロナ分科会があらたに発足。

       

      なぜ、廃止になり、

      なんのために新たな組織が必要になったか、

      その理由はなぞ。

       

      たぶん、政府に都合の悪いことをがんがん言う人がいて

      うるさかったんだろうね。

       

      だから、都合の悪いことを記録に残されるとまずいってんで、

      議事録も取っていなかった、

      というより、

      取っていなかったことにした、

      そんなところかなと勝手に解釈していますけれど。

       

      でないと、分科会との整合が取れない。

       

      https://twitter.com/kazu10233147/status/1280072611267883008

       

      今回は議事録を取るという。

       

      当たりまえだのクラッカーだ!

       

      ところがその議事録の詳細は10年後に公表。

      発言者の名前、その概要は公表するとのこと。

       

      まず、詳細10年後公表って、ふざけるな。

      感染症対策は一刻を争うものだし、

      その政策は国民の生活に大きく影響する。

      だれもがその内容にアクセスできるようにすべきじゃないか。

      でなければ、よほど隠したい内容があるのか。

       

      概要公表について。

      こんなの、改ざんするっていってるようなもの。

      概要なんて、言葉でなんとでも言い換えられる。

      同じ内容だけれどニュアンスを変えてしまえば、

      意味や価値も変わってくる。

       

      つまり、政府は会議の内容を知られたくない。

       

      何かを隠している、ってことです。

       

      表に出てくる情報なんて、大したことはない。

      出てこない、出せない内容にこそ意味がある。

       

      そこを読み取ること。

       

      なんか、フロイトの精神分析、夢分析みたいになっちゃったけれど。

       

      しかし、こんな状況では、

      ほんとにコロナにかかっていられません。

       

      https://twitter.com/kazu10233147/status/1280072611267883008


      熊本南部 球磨川水害

      0

        熊本南部球磨川流域の水害。

         

        福島から遠く離れた場所とはいえ、

        とても他人事とは思えない水害。

         

        局地的に、集中的に、短時間に大雨が降り注いで

        一気に洪水になっていったというニュースに、

        昨年の台風19号の記憶を重ねてしまいました。

         

        それにしても、このところ自然災害が多い。

         

        とくに水害は毎年必ずどこかで起きている。

         

        これは温暖化の影響なのだろうか。

         

        海水温が高くなって、

        水蒸気の量が増大し、

        前線や台風の威力が増している

        とはよく聞くところですが、

        このまま何も手を打たないでは、

        人間の敗北ということになりますね。

        敗北というか、

        自業自得ということでしょうか。

         

        それにしても、7月初めでこの水害。

        今年、これだけで済むとは思えない。

         

        各地、防災にしっかり備えましょう。

         

        球磨川水害の被害に遭われた方々には、

        なんとも言葉がありません。

         

        こういうとき、どういう言葉がふさわしんだろう。

         

        こういうニュースを見るたび、

        このところ茫然としてしまうことが多くなりました。

         

         

         

         


        都知事選結果

        0

          都知事選 小池百合子氏当確。

           

          ということでした。

           

          あたくしは都民じゃないけれど、

          都民はなかなか大変な選択をされました。

           

          Twitterを見ていたら、

          「東京は小池が再選だ!」というつぶやきに、

          千葉県民が「こっちは森田健作だぞ」とか。

          そこに大阪が割込み

          「こっちは吉村だぞ。松井だぞ。」

          という具合に、大変なことになってるようです。

          福島だって似たようなもんです。

          こっちは安倍の操り人形だぞ、ってところでしょうか。

           

          そう考えると、デニー氏を選んだ沖縄のすごさがわかります。

           

          というか、それくらいにひどいことを経験しないと

          大切なものが何かわからないということなのだろうか。

           

          福島だって、あんなにひどい経験したのに、

          操り人形ですからね。

          まだまだ苦痛が足りないということ。

           

          うーん、絶望したくなりますが、

          がんばりましょう。

           

          若い人たちは小池百合子氏をあまり評価していないようですね。

          そこが希望。

           

          しかし、テレビはもうメディアとして機能していないんだな

          ということがよくわかりました。

           

          若い人はもうテレビを目指さなくなるから、

          才能のある人はテレビに集まらなくなり、

          没落のメディアになるだろうなあ。

          新聞も同じ。

           

          コロナ禍と合わせて、新しい時代に入った感覚が強いですね。


          これから香港はどうなるんだろう

          0

             

            今朝の全国紙

             

            昨日の新聞でも香港国家安全法が取り上げられていたけれど、

            今日はさっそく逮捕者が出たという。

             

            ここでは9人になっているというけれど、

            実際にはもっと多いんだろうと思います。

             

            香港が中国に返還されるときには、

            一国二制度、香港は自由が守られる、

            という形でイギリスから返還されたわけですが、

            そんな約束、まったくの反故にされてしまった形。

             

            中国の独裁政治はほんとうにどこまで進んでいくんだろう。

             

            国家安全法のことは詳しくはわかりませんが、

            その堀津の名前からして、

            日本のかつての治安維持法そのものじゃないかな

            と思ってしまう。

             

            中華人民共和国という国家は、

            アジア太平洋戦争が終わった後、

            中国共産党によって打ち立てられたわけですが、

            その建国の理念は「抗日戦争勝利」だったはず。

            帝国主義に反対し、人民のための国家を目指して

            国づくりが始まったのではなかったか。

             

            それが、今や、かつての日本帝国主義に勝る勢いの独裁、

            帝国路線をひた走っている。

             

            習近平さんに聞きたいけれど、

            これって、自分たちの建国に理念を裏切っていませんかね?

             

            といってもねえ、中国という国はもともとそういう国か、とも思う。

             

            あの、文化大革命なんて、理念も何もなく、

            単なる政治闘争、権力争いの道具に過ぎなかったわけですから。

             

            あれで発展が大いに遅れた。

             

            今、たしかに中国は発展し、経済大国になっている。

            しかし、人間の本来持っている人間性、自由への願望を押さえつけて、

            単なる金だけを求める国になってしまうので、

            他国の模範になりません。

             

            かつては孔子孟子老子荘子などの大哲学者たちを輩出した中国。

             

            今や、ならずもの国家の首領になりさがってしまった。

             

            かつては中国文学を学んだものですが、

            香港という小さな、しかし、大きな自由圏域を、

            力でねじ伏せて喜んでいる国には、激しい憎悪と幻滅を覚えます。

             

            そして、そのことに猛抗議できない我が国政府にも。

             

            こちらの政府にも、猛抗議できないほどの不正義が山ほどあるからね。

             

            とにかく、真底憤りを禁じえないニュースです。

             

            遠くから何もできませんが、

            ここでも自由を守る行動と生活を続けていきたいと思います。


            都知事選討論会

            0

              6月27日 都知事選の討論会(資料東京新聞HPより)

               

              しかし、現都知事の姿勢はひどいねえ。

               

              まず、コロナを抑え込んでいるかに対して、

               

               

              だもの。自分に甘い。甘すぎ。

               

              東京オリパラについては問うまい。

               

              同性パートナー、要するに性的マイノリティの問題については△。消極的。

               

              ヘイトスピーチ禁止条例については✕。差別意識の持ち主とわかる。

               

              原発はベースロード電源か。

              これには△。

              態度保留というのは○に等しいから、原発賛成と同じ。

               

              他の候補者とぜひ比較を。

               

              現都知事小池百合子氏がいかに時代錯誤の意識の持ち主かわかります。

               

              ただ、みんな選挙に行って投票しないとね。

               

              誰がやっても同じ、ではないと思います。

               

              都民じゃないけど、都知事選見守っています。

               

               


              もっと早く逮捕できなかったのかなあ

              0

                河合夫婦逮捕へ

                 

                https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4006783.html

                 

                まあ、あれだけ露骨にやっていればね。

                露骨じゃなくてもだめなものはだめですが、

                これはひどいよね、という感じ。

                当然というか、

                もっと早く逮捕できなかったのだろうか。

                 

                それにしても、だんなのほうは、前法務大臣ですよ。

                 

                任命責任問われますよ。

                 

                それから、夫婦ともども自民党。

                その選挙資金を政党から調達してるわけだから、

                それを出してあげている人はだれなのか、

                という問題は残ります。

                夫婦逮捕で終わる問題じゃないと思いますが、いかに。

                 

                検察には、もっと頑張ってもらいたいな。

                 

                社会正義とは何か。

                 

                市民としてさらに関心をもち続けたいと思います。


                謎の白い物体は

                0

                  宮城や福島、山形などで

                  謎の白い球体の浮遊物体がニュースになっていました。

                   

                  https://www.fnn.jp/articles/-/53819

                   

                  私はぜんぜんわからなかったけれど、

                  これはいったい何なのでしょうね。

                   

                  気象庁はまったくわからないというし、

                  警察もヘリコプターを飛ばしてみたけれどわからないというし。

                   

                  そのあと、そのまま気流に乗って

                  東に移動し、消息不明になったとのこと。

                   

                  いったい誰が

                  何のために

                   

                  ということですね。

                   

                  ふと思うのは、太平洋戦争時に、

                  日本軍が飛ばした風船爆弾。

                   

                  まさか、同じことをだれかが考えているわけじゃないんだろうけれど。

                   

                  結末を知りたいものです。

                   

                  しかし、こういう物体が平気で流れて行っても

                  正体がつかめないって、なんなんだろう。

                   

                  エイリアンに地球を乗っ取られる?

                   

                  まあ、今、コロナウイルスに乗っ取られかけていますけどね。

                   

                  続報がどうなるか。

                  このまま立ち消えか。

                   

                  ボブ・ディランじゃないけれど

                  答えも物体も風に吹かれているのかな。


                  アベ政治を許さない!

                  0

                    検察庁法改正案を政府が見送ることに、というニュース。

                     

                    しかし、今国会では見送る、というだけであって、

                    この「アベ政治」は何をするかわかったもんじゃない。

                    また、こそこそと国民の目を盗んでなにかたくらむにちがいない。

                    現に今だって、

                    種苗法改正案も通そうとしているし、

                    とにかくやることが姑息なんですよ。

                     

                    ということで、

                    私の俳句の師、金子兜太先生が揮毫した

                     

                    「アベ政治を許さない」

                     

                    を臨書しました。

                    力強い筆遣いです。

                     

                    「絶対に許さん」

                     

                    という腹からの力が筆に乗り移っているようでした。

                     

                    臨書って、そのあたりの体感を感じさせてくれる

                    ものすごい力を持っていますね。

                    金子先生の感性の中に入っていくような感触がありました。

                     

                    是非皆さんも臨書してみては。

                     

                    そして私たちで政権を監視し、勝手なことをやらせないようにしましょう。


                    東京は危険だな。

                    0

                      某月某日

                       

                      東京都知事の緊急会見。

                       

                      ぜんぜん危機感がなかったね。

                      そこにこっちは危機感を持ちました。

                      もう、かなり感染は爆発的に増加しているなと。

                      ほんとうに危険が迫っているとき、

                      この国の役人たちは、できるだけ平静を装うとするからね。

                       

                      この人たちが、危機意識を持っていない、

                      ということにもっとも危機感を持ちました。

                       

                      だいたい、それまで、

                      他県の感染者がどんどん増えていたというのに、

                      東京だけが妙に増えていない

                      ということがおかしかったからね。

                      東京オリンピックを意識して、

                      数を操作しているんじゃないか、

                      そんな勘ぐりさえしてしまうほどでした。

                       

                      そして、オリンピック延期が決まるやいなや

                      この感染者増大のニュース。

                       

                      知事は、K−1のことをやり玉に挙げて批判していましたけれど、

                      それを言うなら、上野公園の花見客のことも言ってほしかったね。

                      東京なんて、街そのものが全部、密集しているでしょう。

                      三密そのもの。

                      人のことを言う前に、自分のところだろ。

                       

                      また、「オーバーシュート」とか「ロックダウン」とか。

                      「爆発的感染増大」や「都市封鎖」じゃなだめなのかい?

                       

                      そういう言葉づかいも、

                      権威的というかインテリ面しているというか、

                      ほんとうに都民に危機を伝えようとしているんだかどうだか、

                      緩いな、としか思えないね。

                      危機意識があれば、

                      まず都知事自身がマスクしたらどうなんだい?

                       

                      といっても、街にマスクはないんだけれど。

                       

                      というわけで、東京都はいままで相当に情報を隠し、

                      たぶんこれからも隠すことだとおもいますね。

                       

                      ウイルスにも注意が必要だけれど、

                      情報隠蔽に対しても国民はもっと危機意識持ちたいですね。

                       

                      なにせ、公文書改竄もいとわない国家ですから。


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM