<< 2014年05月05日のつぶやき | main | 2014年05月06日のつぶやき >>

スポンサーサイト

0
    • 2017.08.09 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    女のいない男たち(村上春樹)

    0
      評価:
      村上 春樹
      文藝春秋
      ¥ 1,700
      (2014-04-18)

      世間的にはこの短編集、どう評価されているんだろう?

      村上春樹の世界だ、といえばそうだろうし、
      ただ、昔の(たとえば「中国行きのスロウボート」など)にあるような短編集を知っているものにとっては、
      なんか村上春樹なのか、という思いもあるだろうし。

      ただ、やはり、若い人に向けて書いているんだろうなあ、と、そんな感じはしますね。

      「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」は若い人向けに書かれているかなあ。

      「木野」は、あのモチーフが次の長編につながっていくのかなあ。

      好きなのは「独立器官」でした。
      たまたま、前日にわけあって、魯迅の「阿Q正伝」を読んでいたんですが、
      書き出しの部分とか、語り口なんか、けっこう似ていましたね。
      村上春樹に与えた魯迅の影響については、藤井省三氏が指摘していますけど、
      ほんとうにたまたまだったとはいえ、すごくそれを感じました。
      そして、私はこういう作品がけっこう好きです。

      全体的に、短編のわりに観念的な要素が多いかな〜、そんな印象を受けました。
      短編って、もっと即物的のほうがいいんじゃないかな、と思うのは、偏見でしょうか?

      なんか昔の短編読みたくなってきました。
      「めくらやなぎと眠る女」とか。
      「午後の最後の芝生」とか。

      そうそう、今日古本屋で「日出る国の工場」単行本をを手に入れました。

      全然関係ない話ですが。


       

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.08.09 Wednesday
        • -
        • 22:43
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM